函館本線/設定あり

画像 CIMG1314_.jpg
表示種別/行先 普通/七飯行-函館
投稿者 四越岐
運転本数 1本/日
撮影日時 2011/9/5
撮影場所 函館駅
解説 2016年3月26日のダイヤ改正で北海道新幹線が開業したのに合わせ、大半の普通列車が隣の新函館北斗行きとなったために夕方に1本のみの運転となった。因みに復路の運転はない。

画像 IMG_00271.jpgCIMG0578.JPG
表示種別/行先 普通/大沼公園(仁山経由)
投稿者 1枚目:逸P 2枚目:つがる路快速
運転本数 1本/日
撮影日時 1枚目:2013/1/1 2枚目:2014/5/5
撮影場所 函館駅
解説 朝1本のみの設定となっています。

画像 IMG_0192.jpgRapid_Kutchan.JPG
表示種別/行先 快速 ニセコライナー/倶知安
投稿者 逸P(1枚目)、猛虎P(2枚目)
運転本数 1本/日
撮影日時 2013/1/1(1枚目)、2015/1/18(2枚目)
撮影場所 札幌駅
解説 蘭越→札幌および札幌→倶知安で1日各1本ずつ運行されている快速列車です。

画像 Rapid_Otaru.JPG
表示種別/行先 快速 ニセコライナー/小樽
投稿者 猛虎P
運転本数 1本/日(ニセコライナー小樽単体で運転される列車は0本)
撮影日時 2015/1/18
撮影場所 札幌駅
解説 上記の快速ニセコライナー倶知安行きは途中の小樽で後ろ3両を切り離すため、表示器に関しても切り離される車両は小樽行きの幕となります。いずれもキハ201系による固定運用となっています。

画像 CIMG0860'.jpg
表示種別/行先 普通/小樽-然別行
投稿者 横杉
運転本数 2本/日
撮影日時 2011/4/10
撮影場所 小樽駅
解説 然別行きは1日3本のうち2本は小樽始発で夕方に運行されてます。

画像 DSC_0223_convert_20131117112756.jpgLocal_Shikaribetsu.JPGshikaribetsu_sapporo.jpg
表示種別/行先 普通/札幌-然別
投稿者 よさこい(1枚目)、猛虎P(2枚目)、じぇのば(3枚目)
運転本数 1本/日
撮影日時 2013/8/8(1枚目)、2013/12/14(2枚目)、2014/10/31(3枚目)
撮影場所 札幌駅
解説 小樽発然別行きは何本かあるようですが札幌発は始発の一本のみ。小樽から先はワンマン運転になります。

画像 CIMG1874.JPGCIMG1875.JPG
表示種別/行先 普通/小樽-余市
投稿者 つがる路快速
運転本数 1本/日
撮影日時 2015/4/1
撮影場所 小樽駅
解説 夜に1本のみ設定されています。かつては2本設定されていましたが、それは倶知安まで延長されています。

画像 Ishikari711.jpgSemi.rapid_Otaru.JPG
表示種別/行先 区間快速 いしかりライナー(札幌から普通)/小樽
投稿者 いかめし(1枚目)、猛虎P(2枚目)
運転本数 5本/日
撮影日時 2013/8/29(1枚目)、2015/1/18(2枚目)
撮影場所 岩見沢駅(1枚目)、白石駅(2枚目)
解説 江別発が4本、岩見沢発が1本設定されている。岩見沢発の列車は、711系唯一の快速運用である。(猛虎P追記)711系の運用は2014年8月改正で置き換えられ、現在は5本とも充当車両がランダムとなっています。

画像 IMG_1341.jpgRapid_Teine.JPGRapid_Teine2.JPG
表示種別/行先 快速 エアポート/手稲
投稿者 逸P(1枚目)、猛虎P(2,3枚目)
運転本数 1本/日
撮影日時 2012/2/29(1枚目)、2015/1/18(2,3枚目)
撮影場所 新札幌駅(1枚目)、新千歳空港駅(2,3枚目)
解説 新千歳空港発で1日1本のみの運転です。札幌からは普通列車となります。

画像 IMG_6307.jpgIMG_6294.jpg
表示種別/行先 特急サロベツ/札幌
投稿者 時雨n
運転本数 1本/日
撮影日時 2015/3/10
撮影場所 岩見沢駅
解説 宗谷本線の特急の内、キハ183系が配当される列車。稚内13:45発~札幌19:08着という国内有数の長時間列車で、気動車特急としては国内最長を誇る。スーパー宗谷と違い、増結車を含めて完全モノクラスで、グリーン車の設定が無い。尚、120km/h運転を行う関係で、配当車両は高速対応の所謂N183・NN183系のみとなっている。

画像 IMG_6060.jpgIMG_6056.jpg
表示種別/行先 ホームライナー/札幌
投稿者 時雨n
運転本数 3本/日(土休日運休)
撮影日時 2015/3/10
撮影場所 小樽駅
解説 平日朝のみの運行で、札幌までノンストップで運転する。前述の手稲行き同様、こちらも特急車両の回送を兼ねており、札幌到着後、1本目はスーパーとかち1号、2本目は北斗5号、3本目はスーパーおおぞら3号となる。ちなみに写真は15年改正で消えた小樽始発の便で、札幌到着後はスーパーカムイ7号となっていた。この便が消えたため、手稲行きが電車のみなのに対し、札幌行きは気動車のみという体制になっている。

画像 DSC_4622.jpgDSC_4619.jpg
表示種別/行先 快速 ニセコライナー/札幌
投稿者 ラティ
運転本数 1本/日
撮影日時 2017/08/03
撮影場所 小樽駅
解説 朝に1本のみ設定がある。始発駅は倶知安ではなく、蘭越が始発になっている。

画像 Semi.rapid_Sapporo.JPGSemi.rapid_Sapporo2.JPG
表示種別/行先 区間快速 いしかりライナー/札幌
投稿者 猛虎P
運転本数 4本/日
撮影日時 2015/2/18
撮影場所 白石駅
解説 いしかりライナーは上り、下りともそのほとんどが札幌を跨いでの運転となるため、純粋な札幌止まりは岩見沢始発で2本・江別始発で2本の合計4本のみとなっています。

画像 IMG_6534.jpgIMG_6525.jpg
表示種別/行先 普通/江部乙
投稿者 時雨n
運転本数 1本/日(土休日運休)
撮影日時 2015/3/11
撮影場所 滝川駅
解説 平日朝のみの設定。読みは「えべおつ」で滝川の旭川寄りの次の駅になる。この列車に仕立てられる編成は岩見沢の始発(電光掲示板の上段の列車)の後ろ3両で、滝川で切り離された後、行先が変更される。711系最末期の運用の一つで、江部乙到着後は折り返し岩見沢行きになり、一旦入庫した。余談ですが、多分朝ラッシュの送込み用の運用のはずなのに、これといい折り返しの滝川までの区間といい乗車率はすこぶる悪いです。乗車率0%もあり得るかも。

  • 最終更新:2017-08-20 19:19:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード