上越線/設定あり

普通/新前橋は2017年3月の改正から上りの新前橋止まりが上越線、吾妻線に多数設定され11本となったので上野発吾妻線発だけが掲載に該当するので移動させました(2018/3/15)

画像 ryomoise01.jpgryomoise02.jpg
表示種別/行先 普通/伊勢崎(渋川・水上方面は新前橋でのりかえ)
投稿者  
運転本数 2本/日
撮影日時 2018/05/04
撮影場所 高崎駅
解説 伊勢崎駅行きは珍しくないのですが新前橋で上越線に接続となると1日に2本しかありません。新前橋接続は2017年3月のダイヤ改正で誕生しました。尚この表示が出るのは井野までで両毛線内では通常の表示に変わりますので上越線に掲載しています

画像 ryomokiryu01.jpgryomokiryu02.jpg
表示種別/行先 普通/桐生(渋川・長野原草津口方面は新前橋でのりかえ)
投稿者  
運転本数 1本/日
撮影日時 2018/05/04
撮影場所 高崎駅
解説 桐生駅行きはある程度は走ってますが新前橋で吾妻線に接続となると1日に1本しかありません。新前橋接続は2017年3月のダイヤ改正で誕生しました。尚この表示が出るのは井野までで両毛線内では通常の表示に変わりますので上越線に掲載しています

画像 ryomooya01.jpgryomooya02.jpg
表示種別/行先 普通/小山(渋川・長野原草津口方面は新前橋でのりかえ)
投稿者  
運転本数 3本/日
撮影日時 2018/05/04
撮影場所 高崎駅
解説 小山駅への直通は珍しくないのですが新前橋で吾妻線に接続となると1日に3本しかありません。新前橋接続は2017年3月のダイヤ改正で誕生しました。尚この表示が出るのは井野までで両毛線内では通常の表示に変わりますので上越線に掲載しています

画像 ryomoutsu01.jpg7060957165238.jpg
表示種別/行先 普通/宇都宮(渋川・水上方面は新前橋でのりかえ)
投稿者 ST02
運転本数 1本/日
撮影日時 2017/9/12
撮影場所 高崎駅
解説 午後の1本のみ存在(3459M→459M)。211系使用の両毛線から宇都宮線へ直通する列車。小山駅9番線を使用する数少ない列車である。小山駅では進行方向が変わる。尚この表示が出るのは井野までで両毛線内では通常の表示に変わりますので上越線に掲載しています

画像 shibukawa.jpgDSCN1876.jpgDSCN1878.jpg7078323591406.jpegjyoshibu01.jpg
表示種別/行先 普通/渋川
投稿者 1枚目あかぎ特快、2・3枚目ラティ 4枚目 ST02
運転本数 1本/日
撮影日時 2011/08/26 5枚目2018/06/09
撮影場所 高崎駅
解説 高崎18時54分発の1本のみ設定。だったが2017年3月の改正で19時57分へ繰り下げられた

画像 DSC_0099.jpgDSC_0101.jpgDSC_0112.jpg
表示種別/行先 普通/越後中里
投稿者 ラティ
運転本数 2本/日
撮影日時 2018/06/10
撮影場所 長岡駅
解説 越後中里行きは上越線の中でも少数設定となっている。この先水上までの区間は山岳地域を通るため、本数が極端に少なくなっている。冬は駅前のスキー場利用客で臨時に増発される。水上行きとして運転する日がある。

画像 DSC_0050.jpgDSC_0052.jpgDSC_0037.jpg
表示種別/行先 ワンマン普通/越後中里
投稿者 ラティ
運転本数 2本/日
撮影日時 2018/06/10
撮影場所 長岡駅
解説 昼の便はワンマン運転となっている。上越線のワンマン区間の最遠駅となっている。水上行きとして運転する日があるが、その場合はツーマン運転となる。

画像 DSC_0028.jpgDSC_0027.jpgDSC_0037.jpg
表示種別/行先 ワンマン普通/越後湯沢
投稿者 ラティ
運転本数 2本/日
撮影日時 2018/06/10
撮影場所 長岡駅
解説 越後湯沢止まりの列車も少数であるが設定されている。因みにツーマンの越後湯沢行きは5本。

画像 IMG_1000.jpgIMG_0998.jpgDSC_0444.jpgDSC_04_54.jpg
表示種別/行先 普通/石打
投稿者 前2枚逸P・後2枚ラティ
運転本数 1本/日
撮影日時 2012/12/29
撮影場所 長岡駅
解説 長岡発で1本のみの設定です。上越国際スキー場前は通過します。E129系2両編成での運行。

画像 DSC_8911.jpgDSC_8912.jpg
表示種別/行先 普通/(新津経由)新潟
投稿者 ラティ
運転本数 1本/日
撮影日時 2018/03/25
撮影場所 石打駅
解説 かつては長岡を跨いで信越線と相互に乗り入れが多数設定されていたが、現在は石打からの始発列車で1本残るのみとなった。かつては新潟発の水上行き等も設定されていた(かつて信越線/設定消滅の欄に掲載されていたが、何者かによって削除されてしまった。因みにE129系も充当経験あり)。自動放送では新津経由と案内される。なお、現在のダイヤで”普通列車で長岡を跨ぐ列車”は、この列車のほかには信越線 柏崎始発の新潟行きのみとなっている。こちらは行先表示に「新津経由」と表示される。ダイヤ上は別列車となっているが、吉田発新潟経由長岡行きの1本は長岡から上越線 水上行きとなる運用が存在する。

画像 DSC02251'.jpgDSC08653'.jpg DSC08649'.jpg
表示種別/行先 ワンマン普通/十日町
投稿者 横杉
運転本数 1本/日
撮影日時 1枚目2012/2/18 2・3枚目2016/3/12
撮影場所 長岡駅
解説 飯山線への直通列車。もう1本あったが戸狩野沢温泉行きに延長された。

  • 最終更新:2018-07-15 00:57:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード